×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

みかんダイエットで簡単に痩せよう!

スポンサード リンク

みかんダイエットとは

みかんダイエットを実践している人は少なくないようです。

日本人になじみの深いみかんには、ダイエットに効果的な成分がたくさん含まれているからです。

あまり食べる機会かないかもしれませんが、未成熟な青いミカンにはシネフリンという成分が存在します。

みかんのシネフリンを摂取することで、体内の脂肪をエネルギーに変えやすくし、また、脂肪分解に関わるリバーゼの作用が活発になるといいます。

シネフリンは、青みかんで約3〜4個分を1日に食べるのが目安です。

ダイエットの方法の1つに炭水化物を減らすというものがありますが、みかんの袋に存在するペクチンは、炭水化物の吸収を抑制します。

みかんは、お腹の中で水と一緒になると膨張するという性質があるので、そもそもダイエットに向いた食品と言えます。

代謝の悪い方や炭水化物が好きな方にとって、みかんダイエットはおすすめのダイエット方法なのです。

焼きみかんは、みかんを湯通ししてからオーブントースターや網で軽く焦げ目がつくくらいまで焼くとできあがりです。

皮がパンパンになるまで焼くと皮ごと食べることができますが、皮が苦手だという人はオレンジティにしてもいいですし、絞り汁も美味しいです。

みかんは加熱することで冷え性対策にも効果が出るようになります。

食後のデザートに焼きみかんというメニューもいいかもしれません。

焼きみかんは冷え性を緩和し代謝を促進するので、ダイエットにぴったりなデザートといえるでしょう。

皮ごとみかんダイエット

みかんを皮ごと食べるダイエット方法をご紹介します。

丸ごとみかんダイエットでは、青いみかんを皮もすじも袋も食べます。

食事の前に1つずつ食べるというものです。

シネフリンというダイエットに効果のある成分がみかんにはあり、これは脂肪の燃焼効果を高めてくれます。

特にみかんのすじや袋に豊富に含まれています。

熟し切っていない、青いみかんがダイエット向けです。

青い未成熟みかんは完熟みかんの2倍ほどのシネフリンを含みます。

シネフリンをダイエットに役立て、脂肪燃焼を活性化させたいなら、未成熟みかんを摂取しましょう。

ダイエット効果以外にもみかんの健康効果はありますが、効果を実感できるようになるまでは2週間はかかります。

腸の働きを促進し便秘を解消したいという人には、みかんに含まれるセルロースやペクチンがいいでしょう。

ビタミンCやヘスペリジンによる風邪の防止効果もあります。

この他にもみかんには体にいい成分がたくさん含まれています。

カリウムき高血圧予防効果があり、ヘスペリジンは脳卒中予防効果が、βクリプトキサンチンは生活習慣病予防に効果的です。

果糖を多く含む甘い果物は糖尿病の方は控えるべきだと昔は言われていたようですが、この頃は果物は血液中の中性脂肪値を下げるとも言われています。

砂糖の過剰摂取は糖尿病の原因となりますが、果物からの果糖の摂取はむしろ体にとって良いことなのです。

健康増進や美肌効果があり、もちろんダイエットもできるというみかんは嬉しい食材といえます。

みかんダイエットは、体の外側も内側もアンチエイジングできるすぐれたダイエット方法のひとつと言えます。

みかんヨーグルトのダイエット

みかんダイエットのバリエーションに、ヨーグルトを一緒に摂取するという方法があります。

ヨーグルトとみかんがあればこのダイエットはできます。

朝の食事にヨーグルト一皿とみかんの袋付き2個を食べるというものです。

みかんヨーグルトによるダイエットの注意事項は、エネルギー効率の良いみかんを先に食べてからヨーグルトを食べることです。

朝ご飯のボリュームが少ないと感じる時は、みかんの数を増やしてみてください。

お昼までに小腹が空いた時も、みかんを摂取するようにします。

昼と夜はしっかり食べ、デザートとして果物を食べることはやめましょう。

食事を抜くと逆に脂肪が定着しやすくなります。

布団に入る2時間以内にはものを食べないようににし、みかんダイエットとはいえみかんを食べるのは起床後から昼に限定します。

果物の果糖も糖なので、砂糖と同じものとして考えられていましたが、最近ではその誤りが指摘されることもあります。

果物にはブドウ糖や果糖にすることでエネルギー源として使用可能な、ショ糖がふんだんに含まれています。

寝ている間は、外部からのエネルギー補充がなされていません。

起床直後はできるだけ脳に手早くエネルギーを送りたいので、ダイエットにも体にもいい朝食が果物となるのです。

そういう観点からものを見ると、夜の果物は意味合いが半減します。

必要なエネルギーは夕食で足りているうえに、さらに過剰なエネルギーを摂取することになってしまうからです。

多すぎるカロリーは体内で脂肪になります。

ダイエットを成功させるためには、カロリーの摂りすぎを控え、みかんを食べる時は朝から昼までに限定するといいでしょう。

スポンサード リンク