×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

低炭水化物ダイエットの方法と注意点

スポンサード リンク

低炭水化物ダイエットとは

数あるダイエット方法の中に、炭水化物摂取を減らすダイエットがあります。

毎日の食事から炭水化物の量を減らし、たんぱく質や脂質をメインの食事を取るというものが低炭水化物ダイエットです。

低炭水化物ダイエットは、肉や豆腐を好んで食べているという人には取り組みやすい方法です。

ロバート博士というアメリカの循環器系開業医によって作られた食事制限が低炭水化物ダイエットのベースになっており、現在では色々なダイエットに応用されているようです。

低炭水化物系ダイエットの実践者は2000万人を超えるとも言われており、低炭水化物ダイエットの発祥の地アメリカでは、サンドイッチやアイスクリーム市場の売上がダウンしたこともあるそうです。

低炭水化物ダイエットをしている人でも食事ができる、という点を重視してメニュー開発をするレストランやファーストフード店も出てきました。

人の体は、摂取された炭水化物を消化酵素アミラーゼを使ってブドウ糖に分解し、エネルギーとしています。

この糖質が脂肪として蓄積されやすいので、低炭水化物ダイエットは炭水化物を主体とするご飯や精製された小麦粉、砂糖を控えるというダイエット方法になるのです。

ダイエットを目的として、炭水化物を含むお菓子やアイスを減らすことは推奨すべきことです。

ですが、日本食の中で炭水化物というと、真っ先に連想されるものは白米です。

日本での炭水化物抜きというと、真っ先に思いつくのが主食抜きの食事のようです。

普段の食事から炭水化物を抜きさえすればいいというものではないので注意しましょう。

低炭水化物ダイエットのデメリット

スポンサード リンク

低炭水化物ダイエットは、糖質をカットして脂質や高たんぱく質中心の食生活にし、脂質分解に必要な栄養を多く摂取するダイエット法です。

つまり低炭水化物ダイエットは、おかずの種類を増やすなど、かなり複雑なルールを実践しなければ成功しないダイエット方法なのです。

炭水化物を減らすという思い切った方法なので、低炭水化物ダイエットには注意点も多くあります。

サプリメントでの栄養補充は忘れないようにしましょう。

脳や中枢神経はエネルギー源としてブドウ糖を必要としており、ブドウ糖は炭水化物をアミラーゼという消化分解酵素で分解して作ります。

脳の働きを活性化させ続けるには、脳が常時消費しているブドウ糖を何らかの形で補い続けなければなりません。

ブドウ糖の摂取がストップした場合、脳にブドウ糖を送り込むために10時間ほどは肝臓のグリコーゲンがブドウ糖として送られます。

それでもなおブドウ糖が補充されなかったなら、筋肉中のたんぱく質がブドウ糖に変えられます。

そして、肝臓での糖の生成を何度も行っていると、肝臓にかかる負荷が無視できなくなります。

炭水化物の摂取を減らすと体は糖質不足になり、補充をするために蓄積された脂質を使うようになります。

その結果、肝臓が脂肪酸を分解しなければならなくなりますが、その時に脂肪酸からはケトン体が盛んに合成されるようになり、体が酸性に近づきます。

酸性体質になると疲れやすく病気にかかりやすくなり、重篤な場合は昏睡状態になってしまいます。

炭水化物の適切な抑制でダイエットを成功させるため、炭水化物が体内にどのように必要とされているかを認識しましょう。

低炭水化物ダイエットの注意点

低炭水化物ダイエットを実践する前に注意していただきたい点があります。

体内に蓄積されている脂肪は、炭水化物の摂りすぎから脂質となったものもあるでしょう。

ダイエットは、増えた脂肪を減らすために行います。

しかし、糖質は全てが同じものというわけではありません。

白米やパンに含まれる複合糖質の炭水化物は、摂取後すぐに血糖値を上げるわけではありません。

パンや米の糖質に関しては、だ液と混ぜ合わせながらよく咀嚼し、栄養のバランスの取れた食事をすることで、脂肪にさせにくいといいます。

人の消化酵素の特徴は、デンプン分解酵素であるアミラーゼの活性が高いことです。

穀類やイモなどのでんぷんが豊富な食材を多く分解するため、アミラーゼは作られているというわけです。

生活習慣病予防研究の分野において、アメリカでは、米や野菜を軸としたアジア風の食習慣を取り入れて生活習慣病の対策をするという研究がなされています。

低炭水化物ダイエットの発祥はアメリカであり、元は糖尿病治療を目的とした食事療法でした。

日本食と異なり、低炭水化物ダイエットが広まったアメリカでは炭水化物より肉を中心とした食事をしていました。

低炭水化物ダイエットは、何となくでご飯の量を減らしてみてもダイエットにはなりませんし、一歩間違えると健康を阻害する恐れもあります。

ダイエットを目指す場合、まずは食事のバランスを見直したり規則正しい生活習慣を維持することが、低炭水化物ダイエットより早道ということもあります。