×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おなかダイエットの方法と引締め方

おなかダイエット

スポンサード リンク

部分的な脂肪を落としダイエットに取り組む人がいますが、おなかダイエットとは可能なのでしょうか。

局所的な部分ダイエットは簡単ではありませんが、おなかのスリムアップは不可能ではありません。

おなかの筋肉を刺激して鍛えれば、明らかに引き締まって見えます。

おなかの筋肉を鍛えることで代謝機能もアップします。

今以上に肉がつきにくく、脂肪が代謝されやすい体質作りにも効果があります。

腹筋運動は、おなかの筋肉を使いおなかダイエットに効果のある運動ですが、腹筋をすることに苦手な感覚を持っている人は少なくありません。

苦しいばかりで脂肪代謝効果の薄かった小学生の頃の腹筋では、おなかダイエットにはなりません。

目的がおなか周りの筋肉を鍛えることなら、あそこまでせずとも事足ります。

まずは、日々の生活での心がけを持ちましょう。

ちょっとした炊事中や歩いての移動中におなかに力を入れ、筋肉が固い状態を維持しましょう。

些細な運動かもしれませんが、ダイエットは積み重ねがものをいいます。

まずは一週間、おなかの筋肉を意識し続けてみてください。

あえて運動をしない限りは、日頃の行動の中でおなかの筋肉はあまり使いません。

おなかダイエットをすることで、シェイプアップが期待できます。

体の曲げ伸ばしをする時におなかの筋肉は利用されていますので、そういったことに気をつけてダイエットをしましょう。

今この瞬間からでも、おなかダイエットを開始してはどうでしょう。

下腹部のおなかダイエット

おなかを効率的に引き締めるダイエット運動はどういったものでしょう。

軽めに椅子に腰掛けて、足を組みます。

両手をテーブルにつけて、椅子とテーブルの間隔を開け気味にしてから、背中を丸めてみてください。

その姿勢で、膝を引き寄せて胸元まで引きます。

足は組んだ状態を維持し、両手で姿勢を維持しましょう。

おなかと太ももが触れるくらい引き上げることは大変かもしれませんが、これがダイエット効果をもたらします。

一旦くっつけた足を戻すまでを1セットとし、足を組み替えて5セット〜10セット行います。

下腹部のおなかダイエット効果がある運動としては、この他に、仰向けに寝て両膝を胸に引き寄せ、ゆっくりと寄せて戻すというダイエット方法も効果的です。

腹の下の筋肉にしっかりと力を入れ、脂肪の代謝を意識することが、下腹のおなかダイエットでは重要です。

下腹部のおなかダイエットは運動だけでなく、日頃の心がけもものをいいます。

背中が丸まっている人は、意識して直しましょう。

下腹を意識して腹筋に力を入れつつ、立っている時は背中を屈めずややあごを引くようにしてください。

座っている時も同様に腹筋に力を入れ、背筋をまっすぐにすることはダイエット効果があります。

筋トレにもなりますし、若々しい印象を人に与えるでしょう。

また掃除機をかける時はホースを短く持ち、腰を落としましょう。

太ももとおなかが圧迫し合って下腹部が鍛えられるほか、上体を左右にひねればわき腹の引き締めにもなり、おなかダイエットの効果的です。

上腹部とわき腹のおなかダイエット

スポンサード リンク

上腹部のおなかをダイエットする方法をご紹介します。

安定感のある椅子を1脚用意し、浅く腰掛けて背を屈め、足を閉じます。あごは引き気味に。

その姿勢で、椅子の背もたれから5センチ手前まで体を傾けたまま、4秒キープします。

姿勢をキープしている間上腹部に確実に力が篭もっているかどうか、手のひらをあててチェックします。

この姿勢のまま上体をゆっくり起こして1セット。

1回5〜10セットを目標に、こまめに行うのがおなかダイエットのポイントです。

この他にも、へその上部の筋肉を動かして行うおなかダイエットがあります。

まずは仰向けに横たわり、手のひらをおなかの上に乗せます。

手の位置は動かさないようにしながら、あごを引いて背をまるめ、おなかの筋肉に力か入って固くなった上体でゆっくり4つ数えるという運動方法です。

上半身を90度起こしてしまうと腹から力を抜けてしまいますし、上腹部以外の部分にも力が入ってしまいますので、少し上半身が浮く程度で十分です。

5セットから10セットを1単位とし、上半身はゆっくりと力を入れながら上げ下げします。

おなかダイエットには、わき腹の運動もあります。

手を肩と同じ高さにまっすぐあげた上体で、肩幅程度に足を開き、浅く椅子に座って行います。

下半身を動かさないように意識しながら上半身をひねって、両手で背もたれに触れます。

4つ数えたらゆっくりと上半身を戻し、反対方向に上半身を回転させます。

左右1セットで5〜10セットを目標に頑張りましょう。こんなおなかダイエットなら、継続できそうな気がしませんか。