×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

有酸素運動のダイエット効果と注意点

有酸素運動ダイエットとは

スポンサード リンク

有酸素運動は、健康作りにもダイエットにもいい方法として推奨されていますが、何をすると有酸素運動になるでしょうか。

有酸素運動とは、酸素を消費し十分な呼吸を確保しながらできる運動で、ウォーキング、ジョギング、スクワット、サイクリング、水中運動などのことです。

血液中には脂肪が流れています。

その脂肪が体脂肪となる前に、酸素と結合して燃焼させることによって肥満を回避することができるのです。

ダイエットには、体内の脂肪の消費を促進しやすい有酸素運動が効果的とされています。

すでに付いてしまった体脂肪は、血中脂肪の次に燃焼されます。

有酸素運動をすることで、内臓間脂肪や血液中の脂肪をエネルギーとして上手に使うことができるため、ダイエットを成功させたい人には有酸素運動がいいといわれるのです。

体内の脂肪を運動エネルギーに変えるには、一定量の酸素が必要になります。

ですが、激しい呼吸によって息切れが起きてしまうような運動をしていても、呼吸が苦しくなって脂肪の代謝効率も落ち、ダイエットにうまく作用しません。

脂肪が燃え始めて、ダイエット効果が出て来るのは有酸素運動開始後20分ぐらいからです。

運動不足な生活が続き体を動かしなれていないという方は、15分くらいからの運動をしてみてもいいでしよう。

有酸素運動を30分以上連続しても体が保つようになった方は、スピードを上げるなどして運動の強度を増やしてみてください。

ダイエットに有酸素運動を取り入れる時は少し汗をかくくらいで事足りますので、頑張りすぎず、無理をしないくらいの運動を心がけましょう。

有酸素運動のダイエット効果

有酸素運動の長所はダイエットだけではありません。

心肺機能の強化や末梢血管の循環改善、体力アップなどの効果が期待できます。

末梢の血液循環が改善して代謝も良くなれば、中性脂肪値が下がり、善玉コレステロール値は上がってきます。

高血圧や高脂血症が気になるという方は有酸素運動をすることで健康な状態に近づけることができるでしょう。

ストレス対策や、持久力の増強効果も有酸素運動から得ることが可能です。

きつい運動の方が脂肪が多く燃焼しダイエットにいいという間違えた考えを抱いている方もいます。

激しい運動よりも十分な酸素を取り入れながら軽い運動を続ける有酸素運動の方が、同じ時間でも脂肪燃焼量が多くなり、ダイエット効果は高くなります。

一万歩を目安に、万歩計をつけてウォーキングの習慣をつけることもダイエットにはいいようです。

プールの中でのウォーキングや自転車を用いた有酸素運動は腰や膝への衝撃が少なく、それらの部位が弱い方でも取り組めます。

現代人のライフスタイルでは、消費されるエネルギーよりも、食べるエネルギーが多い人がほとんどです。

そのため、摂取しすぎたエネルギー分をどこかで使わなければなりません。

有酸素運動によるダイエットは、週に3回以上、合計1000〜1500キロカロリーの消費を目標に行いましょう。

無理のないダイエットを達成させるには、毎日の生活習慣の中で有酸素運動をする時間を作ることかもしれません。

有酸素運動によるダイエットの注意点

スポンサード リンク

ダイエットに有酸素運動を活用する場合、どのような点に気をつけるべきでしょう。

お年寄りの場合、無理に有酸素運動をしなくても、ダイエットが目的でないならば週に1回、1時間以上の軽い運動や散歩、家の作業をするだけで心肺機能をある程度は維持することができるといいます。

心筋梗塞の可能性を減らすためには、毎日一定距離を散歩するだけでも高齢者は格段に差が出ます。

ダイエットを目的としてでも有酸素運動をすることで、心臓につながる太い血管詰まりは予防できます。

週に1回運動をするかしないかという人は、ほぼ毎日運動をしている人より突然死リスクが7倍も高まるといいす。

ダイエットのためにも健康維持のためにも、有酸素運動の習慣は何とかして組み込みたいものです。

とはいえ、急激な運動で体に負担をかけすぎると、運動中や運動後に突然死を起こす可能性が存在することも事実です。

循環器にトラブルを抱えているという方は、主治医の許可を得て有酸素運動ダイエットをする必要があります。

食後1時間以上が経過してから有酸素運動をすることも、忘れてはならないポイントです。

狭心症や高血圧で午前中は危険だという人は、起きてすぐの運動はしない方がいいでしょう。

目が覚めてから1時間以上の後、ウォーミングアップをしてから有酸素運動をします。もしも体の具合がよくなかったり天気が怪しいという時は、思い切って休んでしまうことも、有酸素運動を長続きさせるポイントです。

スポンサード リンク